結婚式準備でドレスやアクセサリーをスムーズに用意する方法とは

サイトマップ

結婚式準備でドレスやアクセサリーをスムーズに用意する方法とは

神社で和のスタイルの結婚式を挙げる際に準備することは?

指輪を見せる花嫁

ウェディングドレスよりも白無垢を着てみたいという花嫁は意外と多く、伝統的な和のスタイルの結婚式は根強い人気があります。神道の儀式に則った厳粛な神前式は、一生に一度の大切な日を晴れやかな気持ちにしてくれます。
神社で結婚式を挙げる際には、新郎新婦の衣装となる和装を準備しておく必要があります。男性は紋付き袴が一般的で、女性の場合には白無垢や色打掛、引き振袖等を身に付けます。白無垢は婚礼用の衣装の中でも最も格式が高いとされており、白い色は神聖な色でもあります。綿帽子か角隠しかを選んで準備しておくようにします。色打掛は色地に刺繍などの装飾が施されている豪華な衣装です。引き振袖は裾を引きずる大振り袖で、元々は武家の婚礼衣装でした。
それから和装の際にはかつらを被るのが伝統的なスタイルなので、かつらも準備しておく必要があります。ただし、最近は洋髪に和装を合わせるカジュアルなスタイルも主流になっています。どんなヘアスタイルがいいか、事前に決めておく必要があります。
神前式の結婚式でも、指輪の交換の儀式を行うことも多いです。その際には和テイストのリングピローなどがあると重宝します。リングピローというと洋風のアイテムですが、通販サイト等では和のテイストも物もあります。

結婚式の招待状は通販で準備するのがおすすめ

結婚式が決まり招待する人をリストアップしたら、まず最初に準備する必要があるのは招待状です。招待状は結婚式の日時や場所をお知らせするとても重要なアイテムなので、遅くても約2ヶ月前には準備しておくのが望ましいです。招待状には、招待状本状の他に返信ハガキや会場の案内図、付箋、2次会の案内を同封する必要があり、それらを入れる封筒や封筒に貼るシールも必要になるなど準備するアイテムがたくさんあります。式場見本見てもいまいち気に入ったデザインが無く、おしゃれでリーズナブルな招待状を準備できればと悩む、新郎新婦も多いかもしれません。
インターネットでペーパーアイテムを取り扱うショップを探すと、おしゃれなデザインで式場等で購入するより、リーズナブルに招待状を作成してくれるショップがたくさんあります。招待状以外のペーパーアイテム等も扱っているショップが多いので、デザインを揃える事も出来ますし、セットで購入するとお得なショップもあります。宛名印刷込みでお得なショップもあり、忙しい結婚式の準備において時間の節約にもなります。インクの色や紙をカスタマイズ出来たり、こだわりのある招待状を作成できるショップもあります。結婚式招待状の準備始めるのでしたら、通販でリーズナブルでおしゃれな招待状を手配されてはいかがでしょうか。

結婚式で後回しになりがちな準備だけど大切な演出

結婚式の準備でまず浮かんでくるのは招待客のリスト作り、お料理や引出物選び、ドレス選び等、決めなければならないことがたくさんあります。
そんな中、準備が後回しになりがちですが、実はとても大切なのが演出やプログラムになります。
中でも場面ごとに使用する音楽や、司会を友人にするのかプロに頼むのか、スピーチは誰に頼むのかなど、結婚式をより楽しい思い出に残るようなものにするには、欠かせないことがいくつかあります。
今回は音楽演出についてお話ししたいと思いますが、音楽演出には大きく分けて二つあります。プロや友人などに頼んで楽器の生演奏、好きな曲をCDなどの音源で流す、もしくはこの二つをミックスさせることも可能な場合があります。
こだわるとキリがありませんが、テレビ番組などでも効果音が入るように、結婚式や披露宴の雰囲気を作る演出として音楽も大きな効果があるのです。
どの場面でどのような曲が合うのか、どのタイミングで流せば良いのか、などはプロに任せるとベストな編集をしてくれますので、まずは好きな曲があればそれをリクエストしたり、特に無い場合は、どう言う雰囲気がいいのかを伝えると、それにあった選曲をしてもらえます。
音楽によって雰囲気も変わりますので、結婚式の準備にはぜひ音楽演出も加えてみてください。

NEW ARTICLE

パールのアクセサリー

結婚式の準備で必要な引き出物の選び方

結婚式となれば花嫁さんが主役になる日ですが、実際はたくさんの決め事やスケジュール管理に追われて準備に大変な人が多いようです。 ドレス選びのために何度も試着に行くことになるでしょうし、会場側との打合せに足を運ぶ回数も一度や二度ではないでしょう。 特に仕事をされている方は、限られた休みの時間を使ってそれらをこなさなければなりません。 …

UPDATE POST

»一覧へ